風邪には葛根湯?

友人に風邪を引いたから葛根湯飲んでもいいか質問を受けました。

自分もこの前体調不良時に葛根湯を服用しました。

しかし、どんな風邪でも葛根湯が効くかとういとそうではありません。

葛根湯は基本的には体を温める薬だからです。

ですので、葛根湯は肩こりや乳腺炎にも効果があります。

肩こりに効くメカニズムは、体を温めて首筋の血流が良くなり肩こりが治るといった感じです。

風邪には対しては体を温めることによって免疫力をあげ、自然治癒力をあげるといった感じです。(構成生薬である麻黄は鎮咳作用、葛根は解熱作用は単体ではあります。)

風邪の初期の時、寒気を感じることがあると思います。その寒気は体が体温をあげて免疫力をあげようとしているために起きます。葛根湯は寒気を感じるときに体がしっかり体温をあげれるように手助けをしてくれます。したがって、寒気のない風邪、例えば風邪の治りかけや十分熱が上がってしまった風邪に対しては効果があまりなく、逆に体を温めすぎて悪さをしてしまうこともあります。

飲み方としては、ぬるま湯で服用してすぐに布団に入ります。汗をかいてきたら効いている証拠です。古典には葛根湯を服用してうどんを食べて寝ると書いてあるものもあります。そのため、昔の屋台の蕎麦屋には葛根湯がおいてあったそうです。

日本では落語にあるくらい風邪には葛根湯が有名ですが、中国ではそうでもないみたいです。

日本での漢方も流派によって風邪の処方が少しずつ違います。

風邪を引いたと感じ、寒気があるようでしたら葛根湯を試してみるものいいですが、手っ取り早く症状をとるには市販の風邪薬もおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA