秋の薬膳

秋は涼しくなり過ごしやすい季節ですが、乾燥が気になってくる季節です。秋は五行では「金」に属し臓腑では「肺」と深く関係しています。空気が乾燥するため、体から水分が抜けていき(津液不足)皮膚が乾燥し、髪や爪も乾燥していきます。

秋に起こりやす症状としては気管支のトラブルである咳や鼻や口の乾燥、皮膚の乾燥、鼻づまり、便秘などがあります。

秋に取るべき食材としては「肺」を潤すものを中心に、体を冷やすものを食べるときは体を温める薬味をとるようにしていきます。辛い物やお酒を食べるときは甘いものを一緒に取ると良いです。

津液を作る食材としてはザクロやアンズ、ブドウ、ミカンなど。(甘酸化陰)→甘いものは津液を作る

「肺」を潤すものとして落花生、キョウニン、山芋、きくらげ、なし、銀杏、はちみつ、ウズラの卵など。

身体の熱を冷やすものとして、柿、梨、菊花、大根など。

身体を潤すものとして、豆乳、豆腐、黒豆、クコの実、牡蠣、豚肉など。

辛味で邪気(冷え)をとる。しかし、とりすぎると皮膚の乾燥を進めるので気を付ける。

辛味に関しては、矛盾を感じる方もいるかもしれません。

寒気があり風邪の引いているかもと感じている時に梨(体を冷やす食材)を食べてしまうと体を冷やし風邪を悪化させる可能性もあります。辛味は寒い日で風邪を引きそうなときに食べてください。

まとめとしては、体を潤す食べ物を食べ、寒気を感じたらしっかり体を温めることが重要です。激辛料理、多量のお酒、コーヒーは乾燥を進めるため食べ過ぎないようにしていきます。すっぱいものや甘いものは体を潤すので積極的にとっていくことが肝心です。

最近患者さんの中に、ものもらいや咳、咽頭炎を訴える患者さんが増えてきました。ものもらいは目が乾燥して防御機能が落ちてしまったから、咳や喉の痛みは気管支の潤いがなくなってしまったから出てしまったと可能性が高いです。たいてい舌が真っ赤です。津液不足になると舌が赤くなることが多いです。

そういったときに、葛根湯や辛味のものをとってしまうと症状が悪化する可能性があります。

風邪は引いたから葛根湯とは思わず、薬を購入する際は薬剤師や登録販売士の方に相談してみてください。市販の薬を飲んでもよくならない場合は我慢しないで受診してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA