ドラゴンクエスト    YOUR STORY 感想

8月から公開が始まったドラゴンクエストの映画。奥さんが臨月でいつ子供が産まれてもおかしくない時期だったので一人だけ映画を見て楽しむのが気が引けて見るのを戸惑っていましたが、ネタバレを見てしまったので怖いもの見たさで見てしまいました。

公開が発表されてから、楽しみにしていました。かなり長い話だからどうまとまったか予想したり、ミルドラースは影が薄かったからラスボスはゲマかなとか、結婚イベントはどうなるのか、パパスの死はどう扱うかなど気になっていました。

見た感想は、ネタバレを見てから行ったのでショックが少なかったです。原作が長編なので一本の映画になると尺の関係とかで批判の声があるのは仕方ないかなと思っていましたが、想像以上に心をえぐられました。

映画冒頭のスーパーファミコンの映像は、思い出に浸るという意味ではよかったです。実際、近くで見ていたおじさまは「懐かしい」と呟いていました。

結婚イベントの話も原作を知っているので、楽しめました。映像もきれいでよかったです。

ラスト10分は、ネタバレ通り衝撃でした。子供の「どうして」「どうして」の声が映画館中に響いていました。ネタバレを見ていなければ自分もそうなっていたと思います。

あれがなくて普通に終わってくれれば、まだ心の納得がいった気がします。多少描写が荒くても、人物描写が荒くても、原作があれだけの長さだから仕方ないよねと納得できた気がします。

監督さんの立場からすると、普通にやったら駄作だと言われるのが目に見えているからラストをああいった形にしたのかもしれませんが。

映画を見て、パンフレットを見て、小説も読んで、2か月冷静に考えましたが、ラストの主張はわかりますが、映画ではあえて見たくなかったです。

ラーメン食べたくてラーメン屋に入ったのに、そこで亭主が考えた究極のラーメンとしてラーメンではない何かが出てきた感じです。

グッズ付き前売り券とかがなかったので、何かあるのではないかと感じていました。DVDは多分出ると思いますので、その時は奥さんともう一度見てみたいと思います。

映画を見た後、モヤモヤしたのでもう一度ドラクエ5をやり直してみました。

間違いなく名作で楽しめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA