ホタテを薬膳的に考察してみた

ホタテは寒熱でいえば平で味は甘・鹹。

胃腸の機能を補佐して、消化吸収能力をあげる作用があると考えられています。

栄養学的にはタウリンが豊富に含まれているので疲れ目に良いです。民間療法でもホタテの視力改善効果があるという記載が多く目立ちます。

ホタテは高たんぱくで低カロリーの食材です。亜鉛や鉄などのミネラルも豊富に含んでいます。

タウリンと食物繊維を一緒に取るとタウリンの効果が上がるので野菜と一緒に食べるのがおすすです。

亜鉛は通常に食事をしていれば不足することは少ないですが、ストレスの多い生活をしていると不足しがちになります。精子形成にも必要なミネラルなのでストレスが多い方の精力減衰時に食べると良いです。

ホタテは生食でもおいしく食べれますが、干した状態のものは栄養価も効能も上がります。

少し高価な食材ですが、あると便利な食材です。スープに利用するのがお勧めです。

男性不妊や精力減衰時、疲れ目、胃腸が疲れた時に食べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA