ペットの薬膳 肺タイプ

物静か、頭がいい、一匹オオカミのような性格の子は肺タイプの性格かもしれません。

「肺」タイプは人でも悲しい感情と関係しています。

「肺」は主に呼吸器、皮膚の疾患と関係しており、「肺」がおかされると咳が出たり泣くことができなくなる吃音の症状が出ます。

飼い主さんが亡くなった時に、症状が出ることが多いです。

季節では秋に症状が出やすいので注意が必要です。秋に悲しい出来事があると大きなトラブルに発生することが多いです。

人でも秋になると精神的に落ち込む方が多いです。日が短くなったことで体内でセロトニンの合成が減少したからという説もありますが詳細は不明です。(幸福ホルモンであるセロトニンは太陽の光、特に朝日を浴びることによって体内で合成されると言われています。)

犬種ではコーギーのような毛の綺麗な犬種に多いそうです。猫でもペルシャやメインクイーンなど毛の綺麗な子に多いです。

鼻腔内のトラブルも多いので、秋やペットにとって悲しい出来事があった場合は咳や皮膚のトラブルが起きていないか注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA